★転職する勇気をくれるお勧めコンテンツ 『成長欲求と自信を思い出そう』

この記事について

この記事の対象読者

  • 能力に見合う収入がもらえてないから転職したいけど転職エージェントへのアポイントに躊躇する方
  • 転職したいけど転職する勇気がなかなか出ない方
  • 転生先でやっていけるか不安のある方
  • 退職届を出す勇気がない方

この記事から得られること

  • 成功を信じて勇気をもって行動できるような気持ちになれる。
  • 背中押されて行動すれば結果として成長し収益が上がり独立不覊に近づける。 

本記事の狙い

 大人になると、慎重になりすぎて、子供の時のようにストレートに行動するのが苦手になってくる。特に、ずっと同じ職場、同じ人間関係でいるとコンフォートゾーンに浸ってしまい、そこから飛び出す勇気がなかなか持てない方もおられると思います。私もそうでした。でも、ほんの少しの勇気をもって行動すれば結果(年収)が全然違う世界があるのに行動しないのは本当にもったいない。自分の能力をさらに高める環境に挑戦し続けることで成長し、その結果、自分の市場価値が上がっていきます。挑戦する/しないの差ができるのは、ほんの僅かな勇気と成長欲求の有無だと思います。良いコンテンツは、誰もが子供の時に持っていた「無条件の自己信頼」を思い出させてくれます。背中を押すきっかけになればと思い本記事にお薦めコンテンツをまとめてみました。

風と共に去りぬ

あらずじ

 アメリカ南北戦争時代を、熱く強く生き抜いた女性の物語。自分で自分の心に着火させ不屈の精神の持ち主の女性が主人公。グッとくるシーンは、スカーレットが、絶望の淵の中で、自分の心に燃え盛る火をつけて、目標設定をして立ち上がるシーン。そのシーンは2回あります。

1回目は、戦争に負けて故郷に戻って、母も病死して、家と畑はボロボロで何もない状態。この時に、強く再建を目指して立ち上がるシーン。そこから苦労を重ね、再び豊かさを手に入れるも心が満たされない状態だったのかな。お酒に逃げる時もあるし、夫とすれ違う時もある。いつも強いわけでもなく、弱い時もあるし、うまくいってない時に逃げる時もある。

2回目は、ラスト。娘と親友を亡くし、夫ともすれ違いで離れていった時。普通の人なら、こんな状態になったら数年は立ち上がれない。そんな状態でも、明確なサクセスビジョンを描いて涙を流しながら笑顔で立ち上がる。このどん底で、いつまでもウジウジしないで、すぐに目標設定して立ち上がる姿に僕だけじゃなく、この映画を見た多くの人が勇気をもらったと思う。

獲得できるマインドセット:不屈の精神

 苦しい時、悲しい時、どんなに辛くても、止まらず、立ち上り、前に進む。とまって悩まない。明るい未来に向けて、ひたすら行動し、マイナスの感情を振り切ろう。熱くなれること間違いなしの映画です。

今を生きる

あらすじ

 主人公の先生は、規律や慣習を少し犠牲にしてでも、もっと大事なことが人生にあるということを伝える高校教師の物語です。人生は、「やるべきこと」だけじゃない。他人に迷惑かけない範囲でやりたいようにやる、心のままに生きることは、生を楽しむことが生きる力(情熱)になるから、それも大事だよと教えます。

獲得できるマインドセット:今を生きる

 自分の古い価値観に亀裂が入った作品。高校が、私学カトリックの進学校だったから、学校の厳粛な感じが映画の高校と似てました。多感な時期に、生の喜びを体験しておくことは、本当に生きる力になる。大人になって、心を抑圧して「なすべきこと」だけをしてると、「やりたいこと」をする元気まで減ってく。親は、子供に無難な人生を送って欲しいから、子供に失敗して欲しくないから、子供に傷ついて欲しくないから、「今やりたいこと」よりも、「(将来のために)今なすべきこと」を強いる。親は、そういう教師を期待するけど、それが過度になると大事なことを失いかねない。今と将来のバランスをうまくコントロールして(適度に心の休養をしつつ)、「今やりたいこと」と「将来のためになすべきこと」を徐々に一致させていくのが、いいと思う。なんだか、人生が同じことの繰り返しでつまらないと感じてる人、是非見てください。

グレンラガン

あらすじ

自信のない主人公(中央)が、周りの大人に励まされながら、精神的に自立した強い男に育っていく話。

グレンラガン

獲得できるマインドセット:自信

 このアニメ見てて、いろんな成功者の分析から抽出した成功ノウハウ「思考は現実化する」のアニメの中でのケーススタディです。本人がダメだと思ってる間は、何したってダメで、できるかできないかを決定づけるのが、本人が自信を持って「俺なら絶対できる!」って思えるマインドセットの有無。

 主人公が、できない⇨できる って強く考え方を180度変更する時の心理描写が、なんか、心にグッと響きます。なかなか勇気が出せなく苦しんでる方、息抜きに見るとちょっと元気になれるアニメです。これでも見て、もう一度、挑戦してみませんか? 自分が自分を信じなくて、誰が自分を信じる?

あしたのジョー

あらすじ

 孤児の少年がボクシングに情熱を見つけ世界チャンピオンに挑戦するまでの成長を描く物語。

  • 世間の価値観などに興味がなく、徹底的に自分の価値観に従って生きる
  • 自分との戦いを楽しんでいる
  • 自分に自信があって挑戦することが大好き
  • 将来のことなど考えず今だけに集中して生きてる
  • とことんタフで男らしい
あしたのジョー

獲得できるマインドセット:情熱と闘志

 最近のアニメにはない重厚感と昭和の世界観。「自尊心」、「闘争本能」、「情熱」、「自分軸」、が溢れるアニメで熱くなれること間違いなしです。猛烈にお勧めします。

王様ランキング

あらすじ

 言葉をしゃべれない王子が強くなりたいと願い修行のたびに出て成長し、最後はみんなの心を救うという話。

獲得できるマインドセット:一途

 登場人物がそれぞれの立場で持ってる思いが一途で泣けます。

獣の奏者エリン

あらすじ

 主人公のエリンは、小さい頃に両親を亡くすが、逆境にもめげず、謙虚に真摯に強く生きて立派な人間に成長していく話。エリンはとても一生懸命。母親の別れや、育ての親との別れと、小さいながらも周囲の環境の変化に適応成長していきます。野生の王獣に、人から餌を食べさせるようにするために、いろんなことを試行錯誤し、ついに食べさせることができた時のシーンが、とてもとても感動します。

獲得できるマインドセット:成長の喜び

 このアニメを見てたとき、達成感や充足感を感じてない時期だったので、この一生懸命な姿勢に、部活に青春して一生懸命だった学生時代を思いたした。適当に楽すれば、毎日が平凡で同じことの繰り返しになるが、一生懸命になれば、充実感という生の喜びを得ることができる。一生懸命は成長につながり、成長は独立不覊につながる。野生動物は、命をかけてその日暮らしをしている。必死に今を生きているが、決して不幸なんかじゃない。一生懸命になれば、些細なことに悩んだりする暇がなく今を生きれる。そういうことだと思います。

鬼滅の刃

あらすじ

 吾峠呼世晴による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号より連載中。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。
累計発行部数は2019年11月27日時点で2500万部を突破している。同年12月4日発売の第18巻は初版100万部を超えた。『オリコン年間コミックランキング 2019』では期間内の売上が1205.8万部を記録し第1位となった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

・泣くな絶望するなそんなのは今することじゃない

・判断が遅い。覚悟があまいからだ。

・死ぬほど鍛える。結局それ以外にできることはない

・己の内面と向き合い成長していく

・桁違いに強いキャラは少年たち(と視聴者)の成長欲求を刺激する

・修行と内面の成長

獲得できるマインドセット:全集中

 「修行」「自信」「成長」といった要素が、随所に演出されています。面白いと感じるポイントは人それぞれ違うだろうけど、人が本来持っている成長欲求を刺激するアニメです。主人公が、目的のために、努力と経験を積んで強くなっていく姿は、純粋に面白い。自分も筋トレとかランニングしたり転職したくなるようなモチベーションを刺激してくれます。

コブラ

あらすじ

 快男児コブラが、宇宙海賊ギルドに屈さずに、独立不覊に戦い生きる物語。コブラの生き方が、爽快で手本になります。

  • 誰にも媚びない
  • 徹底的に自信がある
  • 自分の外見に拘っていない(2枚目から3枚目に整形手術した)
  • 挑戦すること、スリルを楽しんでいる
  • 器が大きい
  • セリフが挑発的でかっこいい。

 

獲得できるマインドセット:自己肯定

 組織に属するサラリーマンは、滅私をしいられます。他人に採点されるの愛想よく振る舞う必要もあります。会社というのは、上位職の方が立場的に有利で、欠席裁判で物事を進められてしまうから、上司が利己主義な人の場合、部下の成果/名誉は上司に吸い上げられるような状態になりえます(実質的な責任を背負っているのは部下の方であったとしても)。そういう閉塞的でアンフェアな会社であっても自分に実力があれば自由に好きな場所でやっていけます。だから、コブラのような人格で、挑戦を続けて強くなって、自分の力で立って独立不覊に生きれたら最高に幸せだと思えてきます。

DevilMayCryシリーズ

あらすじ

 人間の世界に侵入してくる魔界の住人と戦う賞金稼ぎの物語。主人公のダンテやネロの独立不覊な生き方に憧れます。ダンテが若い時の作品がDMC。時代の流れは、DMC ⇨1⇨2⇨3⇨4⇨5です。

  • 自分に自信がある。
  • 組織に属さず生計を立てれている。
  • 集団所属欲求がない。
  • 心身ともに強い。タフ。
  • 他人の顔色見ず、はっきり言う。
  • スリル、挑戦、戦いを楽しんでいる。
  • 余裕がある、内面が大人。
  • 悩まない、くよくよしない。
  • 他人に依存しない。承認欲求がない。
ダンテ 自信

獲得できるマインドセット:羨望

 力の尺度が違うだけで、実力があれば自由になれる。現代の世界では実力とは能力や資産。能力(人的資産)を高めて収入を増やしマネーマシン(資産が資産を生む状態)を作り上げることで、独立不覊になれる。力をつけよう!

created by Rinker
¥4,389 (2024/06/16 11:49:48時点 楽天市場調べ-詳細)

バイオハザード6

あらすじ

人を生物兵器化するウィルスが蔓延する世界で、世界平和のために戦う主人公たちの物語。特に感動するシーンは、ウィルスから世界を守ることを信念とするシェリーが、自分を受け入れてないジェイクに対して言い放つシーンです。「生きることに信念が持てないのは(親のせいではなく)自分の問題」

獲得できるマインドセット:信念

 自分も、中学生、高校生、大学生、社会人、無事にレールに乗った人生で、挫折といえば1回の失恋と、浪人1年、したくらい。それくらい無難な人生を選択してきた自分にとっても特に信念もなく、この台詞にはとても考えさせられました。自分にとっての生きる信念って何だろう?自分の内面としっかり向き合い、何がしたいか?どうありたいか?を徹底的に深掘りしよう。自分自身が生きいることに対して、迷わず、自信を持って突き進める明確で大きな目標設定(例えば、独立不覊の実現など)があるとやるべきことが次から次に出てくるので面白くなってくると思います。

created by Rinker
¥3,080 (2024/06/16 11:49:48時点 楽天市場調べ-詳細)

お勧めのTV番組

情熱大陸

 本当に自分のやりたいことを全力で取り組んでいる人を紹介する番組。見ると熱くなってきます。ベースにある「〇〇したい」は人それぞれ。「〇〇したい」が強いから、そのまま行動に移せてる。表面は無敵の成功者の、その裏面がとても勉強になる。地道な努力、習慣化して継続してること、信念、迷い、困難、スランプに対して、逃げず折れず、自分と戦っている強い姿勢、粘り、踏ん張りが胸を打ちます。成功に近道なし。ローマは1日にしてならず。「嘘偽りない自分にとっての成功」を定義しよう。

YOUは何しに日本へ

 日本に来られた外国の方に、その動機を聞いたり旅に同行したりしながら、旅行者の価値観や旅を通じて得られる成長を紹介する番組。見てると旅に出て、視点を変え人と会い、今の自分の凝り固まった考え方をプラスに拡張したくなります。

ミライモンスター

 将来の大器の卵を紹介する番組。とにかくピュアに情熱的に今を生きている10代の若者が爽やかです。努力の中の苦悩や、達成の喜び、将来への夢、感情豊かな姿は、見てて応援したくなりなります。

家ついていっていいですか?

 まず、自宅を公開できるだけの自己開示ができるという点で、自分に自信があって、ありのままの自分に負い目を感じられていない方が多い。出演される方は、だいたい明るいのに、実は過去には凄い辛い経験をされててたり、現在も病気を持っている方とか必ずしもベスな状態の方の方が多い。それでも、その困難が、今のこの人の内面の強さを作り上げたんだと思わせる人格の優れた方も多い。自宅で会話するかためか、出演者は自己開示されます。その話を聞くのはすごく勉強になる。ベースにある「どうありたい」は人それぞれ。その人にとっての正解。みんな違う。そして、出演者全員の共通項。今を生きていて、今を楽しんおられます。

次のアクション

 勇気と自信が持てたら、その勢いで転職エージェントにアポイントとしてみよう。きっとあなたの知らない世界が広がり収益(年収)UPに繋がってます。そして、増えた年収は資産形成に回しましょう。

さらに勇気づけるための記事 情熱ある人たちの紹介
独立不覊を目指す近道は転職
資産形成の王道
最新情報をチェックしよう!