アイデアのつくり方

アイデアのつくり方 ジェームス・W・ヤング 『頭に情報ガッツリ詰め込んだらアイデア湧くまで寝て熟成』

この記事について

この記事の対象読者

  • どうすれば独立不覊になれるのが具体的方法が思い浮かばない方。
  • 今の自分の状況でどのように行動していいかアイデアが定まってない方。

この記事から得られること

  • 本記事の方法で情報を詰め込み寝て熟成すれば具体的アイデアが出るようになる。
created by Rinker
¥1,100 (2023/10/03 17:19:46時点 楽天市場調べ-詳細)

概要

 アイデアを作る手法として世界的に有名なヤングの手法の解説書です。目標を定めても、今の自分が具体的に何をすればいいのかわからない時など、ヤングの手法(情報を詰め込んで寝て熟成する)を実行してみるとアイデアが浮かび突破口が開けてきます。朝起きた瞬間にアイデアが頭にあることが多い経験をした人も多いです。

著者について

 アメリカの実業家。ヤングは広告代理店の仕事を続ける中で新しいアイデアを継続的に生産し続ける必要があった。その生産方法を公式化して発表したのが本書。

内容(ダイジェスト)

  • アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。
  • 1つの事実は他の事実と関連性と類似性を持ち、1つの事実というよりはむしろ事実の全シリーズに適用される総合的原理からの1つの引例と言った方が良い。
  • 事実と事実の間の関連性を探ろうとする心の習性がアイデア作成には最も大切。

アイデア作成の具体的ステップ

第1段階 情報収集

 情報を収集します。広告のアイデアを例にあげると、製品と消費者に関する特殊知識と、人生とこの世にある種々様々な出来事についての一般的知識との新しい組み合わせから生まれる。

第2段階 情報の咀嚼(情報の組み合わせ)

 2つの事実を一緒に並べてみてどうすればこの2つが噛み合うかを調べる。どんなに不完全なものに思えても一先に気にとめないで書きとめる。事実を組み合わせる努力を実際にやりとげたとき第2段階は終了する。

第3段階 寝る

 この段階は直接的には何の努力もしない。問題を全く放棄してできるだけ完全にこの問題を心の外に放り出しておく。眠っている間にそれが勝手に働くことにまかせておく。

第4段階 アイデア発想の瞬間(寝起きに多い)

 何の明確な理由もなしに、アイデア(解答)が心にとびこんでくる。

第5段階 アイデアのチェック

 生まれたてのアイデアをブラッシュアップして完成させる。

まとめと独立不覊に向けたアクション

 ヤングの手法は単純明快ですが数十年以上ものあいだ多くの企業で採用されています。独立不覊を目指すという目標に対して具体的行動が取れてない方は、ヤングの手法を適用してみましょう。まずは、本ブログで紹介する情報を頭に詰め込み、咀嚼し、組み合わせ、ぐっすり寝ると、今のあなたにとってベストな具体的なアクションが思い浮かぶことでしょう。

created by Rinker
¥1,100 (2023/10/03 17:19:46時点 楽天市場調べ-詳細)

頭に詰め込む情報

以下の情報を頭に詰め込みぐっすり寝れば、繋がってくると思います。

成功思考

具体的行動

発信力を鍛える

資産形成方法

アイデアのつくり方
最新情報をチェックしよう!