ルール

法則 舩井幸雄さん著 『成功のためにはサムシンググレートと接続せよ』

この記事について

この記事の対象読者

  • 能力に見合う収入がもらえてない方
  • サムシンググレートとまだ接続してない方
  • これから独立不覊を目指す方

この記事から得られること

  • 自分の能力を戦略的に収益に変えて資産形成を有利に進めれる。
  • 「成長」のやり方とは?について、偉人達共通の考え方を学べる。 



概要

 よく働きよく学べば人は似たような境地に到達する。この本では、常に進化成長する世界、無限に広がる宇宙の意志、のような概念のことを「サムシンググレート」と表現されています。成長進化の鍵は、「サムシンググレートと接続する生き方」をすることです。

created by Rinker
¥1,760 (2024/04/21 22:58:52時点 楽天市場調べ-詳細)

舩井幸雄さんとは、どんな方?

経営コンサルタント、自己啓発書作家、精神世界・スピリチュアル系の著作家。コンサルティング会社・船井総合研究所の創業者・代表取締役会長。株式会社本物研究所、船井メディア、船井財産コンサルタンツのトップを務めた。

船井流と言われる独自の経営指導の手法で多くの企業の業績を伸ばし、「経営指導の神様」と言われる。著書は400冊を超える。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』など

宇宙(サムシンググレート)と繋がり進化する

「法則」の内容

プロローグ

  • 上手に生きるには正しいルールを入単純万能のコツを知ること。
  • 天地以前の理に従えば、ツキが巡ってくる。
  • コツは、単純、明快、納得性、万能、卓効、明るい、人相が良い、等。
  • 短所改善より長所伸長を。
  • 肯定して包み込めるようになること。
  • 2大処世原則 ①鏡の原則、②愛情の原則。
  • 思いは実現する。
  • 世の中で起こることはすべて、必然、必要。
  • 肯定的であること。

第1章 「生き方」の法則

  • よく勉強し頭をよくすること。とことん勉強すること。
  • 成功者は誰もが例外なく人一倍よく学び、よく働いている。
  • 心の質を高めよく働くこと。
  • 世のため人のために尽くすこと。
  • 成功の3条件は、①素直、②プラス発想、③勉強好き
  • 天才とは、素直で謙虚な人である。平凡を重ねて非凡にいたる。
  • 究極のプラス発想とは、過去オール善、他者オール肯定。
  • 善を為し、悪を避ける。
  • マクロに捉えれば過去の出来事は全て自分を成長させるプラスの出来事
  • 現状肯定と感謝。どんなことにも感謝しよう。
  • あきらめないこと。
  • 与えること、プラス発想。
  • 自然のままに、良心のままに、マクロに。
  • 人間性を高めるためには、お金だけ、今だけ、自分だけから脱すること。自分の内側だけに向いていた近視眼的、利己的な目を他人や外へ向けて、長期的、利他的な視点で物事をとらえるように努めること。
  • 理よりも情が勝つ。
  • 人の顔は生き方の鏡。正しく生きれば人相も良くなる。
  • 自然に反する生き方を止めること。人の悪口をいったり欠点を指摘しないこと。もらうよりも多く与える生き方を心がけること。
  • 好きなこと、得意なこと、興味あること。この3つに注力すること。
  • 自分を活かし、他人を活かし、世のため、人のためになるような行動ができる。
  • 逃げると危険は2倍になるが、勇気を奮って正面から取り組めば危険は半分になる。逃げない、言い訳しない。
  • 自慢しない。謙虚さを失う。
  • 成功の確率は、いかにその人が真剣に、命がけで仕事に取り組んできたかに比例する。

第2章 「ツキ」の法則

  • 人間は絶えず自分を「ツク」状態に置くように努力すべきである。
  • 心のありようが、勝負や運に与える影響は大きい。
  • 短所を直すのではなく、長所伸展法がいい。
  • ツキのあるものに徹底してつきあう。
  • 長所を見る目に成熟させること。長所と短所はメビウスの輪。
  • ツキを呼び込む2大法則。良心法と親身法。
  • 自然の法則や摂理に沿った行動や行いをする者にツキは自ずとめぐり、それに反する者はツキに見放される。
  • 天地自然の理にかなうものは、よい相、明るい相、あたたかい相をしており、その理に反するものは悪い相、暗い相、冷たい相をしている。
  • 感謝の心がないところには運はやってこないし、ツキも長くはとどまらない。

第3章 「経営」の法則

  • 経営の基本は、原理原則に則ること、時流適応すること。
  • トップは支配者ではなく、指導者たれ。
  • 組織体の将来像を明確に描けていること。
  • できる人間ほど先のことを考え、将来の展望を明確にもちたがる。
  • 謙虚で勉強好き、明るく、周囲から好かれる人柄。
  • 自分の幸せや生活の安定より周囲の人の幸福や将来を考える度量の大きさ。
  • 公欲が大きく、我欲が小さいこと。
  • 世のため、人のために正しいことを地道に実践していれば、結局経営もうまくいく。
  • マクロの目(広い視野)をもって、全体を俯瞰しながら時代の大きな流れやうねり、その動向を骨太に見極める必要がある。
  • 一人にできるだけ何でも経験させたほうが効率も成果もあがる。
  • エゴ(我欲、競争、対立)から、エヴァ(愛、調和、互恵)へ。
  • 謙虚さの敵としてもっとも警戒しなくてならないのは自らの成功体験(⇨ アメリカでもイノベーションのジレンマと呼ばれる)
  • 過去の成功にこだわってはならない。いつも謙虚であることを心がける。

<a href="https://pixabay.com/ja/users/Jonny_Joka-4913008/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=3912587">Julian Hacker</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=3912587">Pixabay</a>からの画像
地球・宇宙の大きな進化のイメージ

第4章 「天地自然」の法則

  • 世の中は1つの偉大な意思(サムシンググレート)によって創造され、運営され、管理されている。
  • サムシンググレートは、その分身を宇宙内のすべての個々の存在に、「魂」として配置した。
  • サムシンググレートの意思は、①発展、②秩序、③思いの実現、④構造の単純化と相似象。
  • ミクロの善よりも、マクロの善を目指したほうがいい。
  • 理をもって事をなし、情をもって人と接する。理に働けば角が立つ、情に棹せば流される。理と情は両輪とすること。
  • 人生を大事に生きない人は、人生からも大事にされない。
  • 万物は絶えず揺れ動いているエネルギー的存在であり、それぞれが波動を発することによって互いに影響しあっている。
  • 自分が出した波動はフィードバックされて戻ってくる。
  • 天の理へ魂を回帰させること。

天の理地の理
単純複雑
調和不調和
共生(協調)競争、搾取
開けっ放し秘密
自由束縛
公平不公平
融合分離
アナログデジタル
効率的ムダムリムラ
長所伸展短所是亭

学んだこと

 多くの偉人が似たような概念を言っている。例えば、稲盛和夫さんも宇宙の意志と人はつながっていると書籍で書かれてました(過去記事で紹介)。この本では、同様の概念のことをサムシンググレートと表現されています。成長進化の鍵は、そのサムシンググレートと接続する生き方をしなさいということ。今まで地上の動物が進化してきたり、技術が進化するのも、ベースとなる法則は共通だとういうことが理解できます。まだ読まれてない方は是非よんでみてください。独立不覊を目指す方にはお勧めの本です。

created by Rinker
¥1,760 (2024/04/21 22:58:52時点 楽天市場調べ-詳細)
独立不覊を目指す具体的思考
お勧めの転職サイト
ルール
最新情報をチェックしよう!